季節の挨拶 二月



漢語調の挨拶文



立春 向春 残寒 余寒 残雪 春寒 桜花 晩冬 



「~の候」、「~のみぎり」という形で使用





手紙の書き出し



立春を迎えたとはいえ、なお厳しい寒さが続いていますが、

お元気でお過ごしでしょうか。



きびしい寒さの中にも、少しずつ春の訪れが感じられますが、

お変わりありませんか。





春寒の候、ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。



寒さもいくぶんしのぎやすくなり

春の訪れまで、あと少しのようです。



春浅き候、いかがお過ごしでしょうか。

お伺い申し上げます。







結びの言葉



向春のみぎり、ますますのご健勝とご活躍を

お祈りいたします。



この寒さは当分続きそうですので、

ご自愛専一のほどをお祈りいたします。



春まだ浅く、寒さ厳しき折り

十分ご自愛ください。






スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする