季節の挨拶 六月



漢語調の挨拶文



梅雨 初夏 麦秋 向暑 夏至 長雨 向夏 薄暑


「~の候」、「~のみぎり」という形で使用







手紙の書き出し



紫陽花が色鮮やかに咲く季節になりましたが

その後お元気でお過ごしでしょうか。



街はすっかり夏の装いに変わり、活気が満ちてまいりましたが、

ご機嫌いかがでしょうか。



うっとうしい雨の日が続いていますが

皆様いかがお過ごしでしょうか。



梅雨明けが待ち遠しいこの頃

つつがなくお過ごしのことと存じます。







結びの言葉



梅雨寒の折り、お体にはご留意ください。



時節柄、お風邪などを召されませぬよう

ご自愛ください。






スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする