お歳暮のお返しを添える場合の例文



お歳暮のお返しを添える場合の例文



・別便で、心ばかりの品を送らせていただきました。

どうぞお納めください。



・お返しというほどのものではございませんが、〇〇を送らせていただきましした。



・日頃の感謝の気持ちを込めて、ささやかな品をお送りいたしました。



・ほんの気持ちばかりのものですが、昨日、お送りしました。

どうぞお召し上がりください。





お返しの品については、終わりのほうにさりげなく書き添えます。






スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする