年賀状欠礼の書き方・文例



年賀状欠礼



近親者で1年以内に不幸があった時に、例年年賀状をやり取りしている方には「年賀状失礼」として挨拶状を出します。





年賀状欠礼を出す時期



出す時期は、十二月初旬までに先方へ届くようにします。



これは相手が年賀状を書く前に届くようにするための配慮です。





年賀状欠礼の内容



基本的には全文、末文などの必要はありません。



季節の挨拶なども省きます。



喪中につき年末年始の挨拶を遠慮するというお詫びを中心に、いつ 、誰が亡くなったかをわかるように書きます。





日付



「平成〇年十二月」とします





年賀状欠礼文例



本年〇月



父〇〇が〇〇歳にて永眠いたしました。



年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます。



  平成〇年十二月






スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする