手紙の書き方

季節の挨拶例文、手紙の書き出し、結び、お礼の手紙

季節の挨拶

季節の挨拶 七月

2016/11/22

Sponsored link




漢語調の挨拶文

盛夏 猛暑 仲夏 大暑 酷暑 炎暑 向暑 灼熱 炎熱 驟雨

「~の候」、「~のみぎり」という形で使用



手紙の書き出し

盛夏のみぎり、皆様にはますますご健勝のことと心からお喜び申し上げます。

例年にない猛暑の日が続きますが、いかがおしのぎでいらっしゃいますか?

お暑い日が続きますが、お変わりありませんか?

暑中お見舞い申し上げます。
皆様にはお健やかにお過しのこととお慶び申し上げます。

今年もはや半ばを過ぎてしまいましたが、お変わりございませんか。

梅雨上け前の天候不順の日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?



結びの言葉

天候不順のみぎり、どうかご自愛のほどお祈りいたします。

炎天に負けず
元気な夏をお過ごしください。

盛夏のみぎり、どうぞ素晴らしい夏を過ごされますよう、お祈りしています。






Sponsored link

-季節の挨拶